妊娠線クリーム

妊娠中にできる線

妊娠中にできる線は妊娠線といいます。
お腹が膨らむにつれて皮膚が引っ張られるのですが、肉割れの跡として妊娠線が残ってしまうのです。
妊娠中のケアが足らないとそのまま線として出産後も残り続けてしまう場合もあるようなのでケアが必要です。

 

妊娠中期〜後期にかけてケアをする妊婦さんが多いようですね。

 

妊娠線は特に下腹部にできやすいです。膨らむ場所なので。
後は皮下脂肪の多いお尻周りにもできる女性も多いです。
乳腺も活発化するので、おっぱいにもできるという特徴があります。

 

妊娠線の厄介なところは、妊娠中からケアをしないと後からではなかなか消えないという点です。
自然と消える女性もいるようですが、そうでない女性も多くいます。

 

妊娠5ヶ月くらいになるとお腹にかゆみも出てきますので、そこで掻いたりするのも妊娠線ができてしまう要因となっています。

 

妊娠中お腹にできる黒っぽい線は何?

 

妊娠中にお腹に縦の黒っぽい線ができることがあります。
これは正中線といってホルモンやメラニン色素が多く分泌される時期にできるものです。

 

産後1年くらいで消えることもありますが、そのまま残ってしまう場合があります。
人によってこれも違うのですが、なるべくケアを怠らない方がキレイに早く消すポイントになってきます。